テレビニュースを見て、安倍総理が今村復興相の発言で謝罪。

プロ野球中継で巨人と広島の試合を見ていた。広島が野村で巨人が菅野、両チームのエースの投げ合いとあって流石に引き締まった投手戦になっていた。巨人が新外国人のマギーの1発で1点リードの展開になった。攻守交替の時間で他のチャンネルに回した。ニュース番組のようで、何故か安倍総理が報道陣に対して謝罪をしているように思えた。状況が掴めず字幕を見ると、今村復興相の発言に謝罪とあった。今村さんと言えば、先日の記者会見での発言とか、福島原発の自主避難者に対するとんでもない発言が問題になったばかりである。一瞬、この前の発言に対する続きで再度安倍総理が誤っているのかと錯覚を起こした。今度は、3.11の震災が東北地方で良かった!、との発言で、まずいと思ったのか即座に発言の撤回と謝罪をしたようだ。狼狽えたのは自民党の幹部と安倍総理である。こんなに早く総理が身内の失態に対してテレビカメラに向かって詫びを入れるのは珍しいことである。東北だけではない、このままだと大都会以外で発生した被災地すべてを敵に回しかねない、と思ったのであろう。東京大学の法学部を卒業して国会議員としても20年以上の経験があるとっても偉い人である、筈なのにどんな生き方をしてこられたのであろうか?。人として言っていいことと、悪いことも判断が出来ないのでしょうか。折角、巨人と広島の息詰まる投手戦で最近では無いような好ゲームを見ていたのに、気分が悪くなってきた。辞任するしか無いでしょうね。