日大アメリカンフットボールの部員について

昨日、日大アメリカンフットボールの内田前監督と井上コーチの会見が行われました。開始早々ネットで叩かれまくり、なんでこうなるのか、あまりのひどい対応に目を覆いたくなりました。正直、真実はどうでも良いですし、絶対に彼らの謝罪はないだろうなと思うのですが、他の現役部員がもしプレーできなくなったら、と思うと胸が痛くなりました。日大アメリカンフットボールといえば名門中の名門です。ここに来るくらいですから部員の皆さんは高校時代から遊びたいときに遊ばず血のにじむような努力をして、相当の覚悟をもって大学に入ったのだと思います。折角一生懸命練習してきたのに、自分の落ち度ではない事が要因となり突然プレーできなくなるなんて、もし自分が同じ立場だったら心の整理が全くできないと思います。監督、コーチは一体何を主張したくて、また何を守りたくてあんな会見を開いたのか全く意味がわかりませんが、何とか現役部員だけはプレーを継続できる方策を考えて欲しいです。脱毛ラボ 無料カウンセリング