S・K、なんとか視界か……常軌を逸した激務

「おい、安全かよ」
あるく情緒も無くして立膝を付いて座り込んですままのS・KにN・Tが肩を貸して掛かる。
「どうしても、さーせん(すみません)……」
3時間と経たずにS・Kは見る面影も薄いほどにやつれ返ってしまっていたが、大変、シャベルで罠を掘る手続はそれなりに進行しているとも広がる。
「長々で、腕っ節が居残るパーソンだよなS・Kって。己ならここまで掘れないよ」
 N・Hが指差す業者を見てみると、S・Kが掘り起こした罠の深さは目測で1m30cmほどに達していた。N・Hの朝方と貫くどころか、一段と若くなったとさえ感ぜられる佇まいも、あたいにしてみれば充分に人外の領域だった。
「未だにくたばるのは手っ取り早いよ、S・K君。手続は引き続き、昼過ぎもあるからね」
 何時にも増して元気なN・Mにあの台風の目のS・Kでさえ口答え出来ずにスタミナが消耗していた。
「お前、講評会のときの実態はどこへ行ったんだよ」
 S・Kはもっと何も言い返す余力も残っていないようだ。ミュゼ 無料カウンセリング予約