webの文で感銘、雰囲気も熱血の日本企業のキャッチフレーズ

今日もネットで通知を見てます。
ぼくは好きなインターネットが数個ありますが、絶えず驚くことがあります。
インターネットの通知文字って、各インターネットで違うんです。
もちろん有力通知文字のコンテンツはどのインターネットもほぼ同じ、違うとしても多少だ。
ですが、それ以外のコンテンツは違う。
三面おもしろ通知・エッセイ・テーマ、その他のコンテンツだ。

とあるインターネットを見たら、他のインターネットと違うコンテンツが多くて驚いている。
そんな文字もあります。
「“醤油でエキサイト”中国の若者が日本の作業場観戦」
中国の生徒が日本の醤油クレアトゥール・キッコーマン社の作業場を観戦、その高クオリティーや組合スローガンに感銘を受けたそうです。

同社の組合スローガンに「組合原住民」という目標があります。
「組合はそのコミュニティーのスローガンを尊重し、フィールド社会に長所を出す進め方ですべき」という読み方だ。
「買い手・ヴェンダー・人前の3やつが、共々利益を得る」これを目標とする読み方だ。

私もこういう組合スローガンを分かり、改めて同社に頼りと好感のイメージを持ちました。
やっぱ皆さんも、こういったスローガンに共感できる組合を支持したくなります。
こういった組合には今後も世界的に発展してほしいと素直に思いました。